EUビジネススクール英語コース

/EUビジネススクール英語コース
EUビジネススクール英語コース 2016-11-20T00:56:45+00:00

3ヶ月英語コース概要

キャンパス

英語コースの場合、キャンパスはバルセロナ(スペイン)、ミュンヘン(ドイツ)になります。ビジネス予備コース(英語とビジネスの基礎の組み合わせ)は、全キャンパス(ジュネーブ、モントルー、ミュンヘン、バルセロナ)で開講されていますが、英語学習のみに焦点を当てるプログラムは、バルセロナ、ミュンヘンのみで開講されます。

入学時期

春学期(2月初旬〜5月中旬)、夏学期(5月末〜9月初旬)の二回の学期で開講されており、いずれかの学期からの入学が可能です。学期途中からの入学も可能ですが、たとえ途中入学であっても、一学期分の学費を支払う必要があります。

コースの期間

学習期間は、13週間になります。ビジネス予備コースと違い、英語コースは3ヶ月の短期集中型で、希望者は、修了後にEUビジネススクールに学部留学ができるようにアレンジされています。無事にコースを修了すれば、そのまま、スペイン、ドイツ、スイスのいずれかのキャンパスの学部過程に進学することが可能です。

コースの学費(13週間)

4800ユーロ(約56万円)

*日本円は、2016年10月28日現在のレート

この他、出願時に大学に支払う入学検定料金が200ユーロかかります。

大学が月の生活費の平均値を出しているので、以下を参考にして下さい。バルセロナで生活する場合、大学は月960ユーロ前後で見積もっています。この数字は、郊外のシェアフラットに住み、しっかり自炊をすることで、食費は下げることができますが、余裕を持って計算するには、月900ユーロ前後を見積もって下さい。

住居費400ユーロ前後

食費350ユーロ前後

交通費60ユーロ前後

保険50ユーロ前後

雑費150ユーロ前後

授業時間

午前から午後にかけて、週に20時間(1日4時間)の授業があり、宿題の時間として、さらに週15時間が見込まれています。クラスメイトとチームになっての宿題も多く、多くの語学学校のように、入学したからといって、楽に修了できるわけではありません。実践的な英語の基礎を身につけるために、必要量の学習が課されます。実践的な英語力を身につける学校なので、遊学のための留学であれば、EUビジネススクールではなく、他の学校を選んだ方が賢明です。

コース内容

EUビジネススクール英語コースの内容には、以下のものが含まれます。

・文献の読み方や文政の基礎

・エッセイ、論文の書き方の基礎

・コミュニケーションの基礎

・クリティカルシンキング、論理的分析の基礎

・プレゼンテーションの基礎

・ビジネスミーティングの進め方

必要な英語力

英語で英語という言語を教えているので、全くの英語初学者は留学ができませんが、高校の英語の授業を平均的な成績でこなしていれば、入学に全く問題はありません。英語で話されていることを理解するために、高校卒業程度の英語力は必要となり、最低でも以下の点数が必要になりますが、厳しい要求の点数ではありません。

TOEFL iBT 61

IELTS 5.0

英検で言えば、3級〜準2級程度です。TOEFLやIELTSなどの国際的な英語の試験の点数を持っていない人は、大学独自の英語試験を遠隔で受験することで、英語力証明の提出が免除になります。試験自体は、TOEFLよりも大学独自の試験の方が簡単にできていますが、遠隔の英語試験の受験には、①安定したネット環境、②試験監督がメールで送付する問題を印刷するプリンターが必要となります。